SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / テクノロジー / これでレストランにも安心して行ける?食べる時だけ口元が開くマスクが画期的(イスラエル)

これでレストランにも安心して行ける?食べる時だけ口元が開くマスクが画期的(イスラエル)

イスラエルのAvtipus Patents and Patents社がデザインした口元が開いて『着用したままでも食事を楽しむ事が出来るマスク』を紹介します。

新型コロナウイルスによって世界的に自身の衛生管理も強く意識されるようになった昨今注目されそうなアイテムです。

着用したまま食事も会話も楽しむ事が出来るマスク


by:reuters.com

新型コロナウイルスをきっかけにレストランや居酒屋での外食をする際にもより安全な方法で食事を摂れるような方法やサービスが必要になってきます。

イスラエルの企業Avtipus Patents and Patentsは着用したまま外すことなく食事が出来るというマスクのデザインを設計した事をロイターニュースが紹介しました。

リモコンレバーで操作する事でマスクの開閉を行います。

2枚のマスク布がスロット状になっていてリモコンレバーを操作する事でマスクの「口」を開閉する事が出来て、マスクを着用したまま食事を楽しむ事が出来る設計になっています。

このマスクを着用する事によって人々が行き交うレストランを訪れる際にも口元の保護が出来、コロナウイルスの感染リスクを軽減する事を目的としていています。

食事を口にする時以外の咀嚼したり、会話をしたりしている時はマスクが閉じられてその都度マスクを取り外したりする手間が無くなります。

今後数か月以内に生産される予定ですが賛否両論の意見も

発明担当副社長は

“you can eat, enjoy, drink and you take out the fork and it will be closed, and you’re protected against the virus and other people sitting with you,”「『その後食べたり、楽しんだり、飲んだり。フォークを取り出するとマスクが閉じられ、ウイルスや他の人から保護されます。』

と語っています。同社は既にこのマスクのデザイン特許を申請中で今後数か月以内に製造を開始する予定で、価格帯はイスラエルで使用されている標準の医療用のマスク(50枚入りで20~30ドルの相場の場合)よりも0.85ドル~2.85ドル程度高くなる模様です。

このマスクについて紹介された顧客の意見としては「着用しながら食事を出来るこのマスクは必需品です」という意見もあれば「アイスクリームを食べた時等は口元がベタベタになってしまいそう」など賛否両論の意見が分かれている様です。

この記事の簡潔なまとめ

食事の時にはマスクを外さないといけない、でも人の行き交うレストラン等ではマスクを外すのも心配。そんな飲食店での不安を一発解決するのが『口元が開閉するマスク』で、多分多くの人がこんなマスクあったらいいなというのを形にしたものだと思います。

ただ、ちょっと見た目の問題や汁気のあるものを食べた時の付着など、まだまだ課題や賛否両論あるかもしれません。

公衆衛生面の向上という意味では申し分無いアイテムだと編集者は個人的には思いますので、是非『口元が開閉するマスク』という商品で更に見た目や機能性が洗練されたアイテムが近い将来出てくるかもしれませんね。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事