SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / 大麻研究 / 大麻(マリファナ)産業をゼロから8週間で学べるカリキュラムがスタート(カリフォルニア)

大麻(マリファナ)産業をゼロから8週間で学べるカリキュラムがスタート(カリフォルニア)

【BelCosta Labsのエントランス】By:matterport.com

ロング・ビーチ・シティ・カレッジ(LBCC)で新たに大麻(マリファナ)産業に焦点を当てたカリキュラムのコースが発表されました。

この秋からスタートするこのカリキュラムでは、入学予定の30~35人の生徒が大麻の栽培、小売、歴史、州の種子から販売システムの概要を学びます。

プロレベルでの大麻産業を学ぶための入り口となる


【カリフォルニア州のロング・ビーチ・シティ・カレッジ】by:cordobacorp.com

カリフォルニア州のロング・ビーチ・シティ・カレッジ(LBCC)では教育サービス「BelCosta Labs」で大麻(マリファナ)産業に焦点を当てた初めてのクラスを発表したとの事です。8週間にわたって行われるカリキュラムでは、大麻の栽培、小売、歴史、州の種子から販売システムの概要を学ぶ事が出来るそうです。

大麻業界の弁護士であり、このコースの主任インストラクターであるジョー・ロゴウェイ氏は、このコースを学生の大麻業界への「入口」と呼んでおり、今後プロレベルで大麻業界に関わりたいと考えている学生にとっての「重要な第一歩」と呼んでいます。

395ドルのカリキュラムの最初のクラスには30~35人が入学予定

このカリキュラムはロングビーチ大麻協会(LBCA)のメンバーによって設計されました。

LBCAのメンバー兼オーナーであり、この秋からクラスを教える事になるBelCosta Labsの創設者ネイト・ウィノカー氏はこのクラスに関して以下の様に述べています。

“『共同研究者たちが本質的に、様々なビジネスやライセンスの種類を互いに紹介し合う物を導入する事を決定しました』

“『私は物事が進むにつれて大麻がもっと真剣に扱われる事を期待しています。それには取り巻く適切な教育が関係していると思っています』”

このコースは、コミュニティカレッジの労働力開発プログラムの一環で、最初のクラスには30~35人の学生が入学する予定だそうです。

LBCCの学務担当副社長であるキャシー・スコット氏は、このクラスは『業界主導であり、業界から求められており、業界によって教えられている』という点で、他の労働力開発プログラムと同様のものであると述べています。

アメリカ全体で、医療用と嗜好用の両方の大麻プログラムを持つカレッジや大学が、業界を中心とした学位や証明書プログラムの提供を開始しています。なお、8週間のコースの料金は395ドルだそうです。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事