SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / サイエンス / 世界一ファンキーな髪型をしたカメは今絶滅の危機に瀕しています(オーストラリア)

世界一ファンキーな髪型をしたカメは今絶滅の危機に瀕しています(オーストラリア)

オーストラリア・クイーンズランド州のメアリー・リバー(Mary River)の水域には緑色の髪の毛が生えたように見えるカメ、「メアリー・リバー・タートル」が生息しています。

このユニークな外見、そして現在野生では約1万匹しか残っていないという絶滅の危機に瀕している状況から、大きな注目を浴び初めています。

メアリー・リバー・タートルに生えている緑色の『髪の毛』?


【長い時間水中ですごす為に藻類が繁殖しやすい】by:mymodernmet.com

このメアリー・リバー・タートルは、モップの様な質感の緑色の髪の毛を付けている事があります。(スーパーマリオにもこんな敵キャラがいたような)

実際にはこれはカメから生えている髪の毛ではなく、藻類の植物が付着して成長しているのです。

メアリー・リバー・タートルは特別な器官を持っている為に水中で効率よく酸素を取組むことが出来るようで、陸上に出なくてもずっと水中で3日間程度過ごすことが出来ると言われています。

水中で長い時間を過ごすことが出来るので、藻類にとってもメアリーリバータートルはお気に入りのスポットになるのです。

メアリー・リバー・タートルは当時ペットショップで大量に販売されていた


【孵化後、急速に成長する】by:abc.net.au

1960年代から1970年代にかけて「ペニータートル」という名前でメアリー・リバー・タートルはペットショップで大量に売られている時代がありました。

記録から推測すると、年間約1万個程度の卵が出荷されていたと推定されているそうです。

カメの研究家であるジョン・カン氏は当時ビクトリア州のペットショップで売られている「ペニータートル」を見て一体どこからやってきたのかに興味を持っていた様で、彼らの生息地について調査を開始した様です。

調査は20年にも及んだ様で、カン氏は手がかりを探し続けた結果、現在のクイーンズランド州のメアリー・リバーに辿り着く事が出来たとの事です。

カン氏はアメリカ人の研究家と共同でこの「ペニータートル」とと呼ばれていたメアリー・リバー・タートルについての詳細を調べ、発表を行いました。

繁殖率の低さが当時明らかになっていなかった為に子ガメから親ガメまで乱獲されてしまった

非常に残念な話ですが、メアリー・リバー・タートルは現在絶滅の危機に瀕しています。

その理由として当時ペットとして販売される為に大量に乱獲されてしまったという事、もう一つは産業の発展によってダムの建設が行われ、彼らの生息地がどんどん喪失していってしまった事にあります。

これら二つの主な理由によって、メアリー・リバー・タートルは壊滅的に個体数を減らしていってしまいました。

さらにメアリー・リバー・タートルは成熟が比較的遅い種となるため為、上記の2つの理由の状況下で低い繁殖率で個体数を維持する事が出来無かったのです。

現在野生ではもう1万匹しか地球上に残っていないそうです。

生物学者のリッキ・ガムズ氏は

“『成熟するまでに長い時間が掛かり、大体25年~30年かかります』”

“『彼らの繁殖率の低さが解明した時点では既に手遅れだった為、ペットの取引によって当時子ガメから親ガメまで乱獲されてしまい、今ではメアリー・リバー・タートルの個体数は非常に少なくなっています』”

と説明します。

しかし幸いにも2018年にロンドン動物学会(ZSL)にてメアリー・リバー・タートルは絶滅危惧種として指定された事で、世界中から動物愛護の観点で大きな注目が集まる様になりました。

保護活動家たちは現在、彼らの種の保護とその個体数の回復に取り組んでいます。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事