SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / その他 / オークションサイトで廃炉となった原発の制御装置が出品されています(イギリス)

オークションサイトで廃炉となった原発の制御装置が出品されています(イギリス)

イギリスのオークションサイトで廃炉となった原子力発電所の制御装置が出品されています。

このオークションは2020年6月2日までの期限となっていますので、もしあなたが原発の制御装置を欲しているのであれば、このオークションで落札する事が出来れば入手する事が可能です。

本当にインターネット上で何でも買える時代になりました。


【出品されている原発の制御装置】by:bidspotter.co.uk

インターネット上では地球に実在するほとんどの商品を購入する事が出来ます。販売車者と購入者にはある程度の売買の自由が保障され、適正な価格で欲しい物が手に入ります。

今回、イギリスの作家ウォーレンス氏はbidspotter.co.ukというオークションサイトで廃炉になった原子力発電所の制御装置が出品されている事をブログで紹介しました。

参考記事(外部サイト):EX NUCLEAR PLANT REACTOR CONTROL / MONITORING SYSTEM

かなり大きな装置なので買い手は選ばれるでしょう

商品の詳細情報があまり記載されていませんでしたが、数々のコンピューターが連結されたかなり大きな装置となっていて、膨大な数のダイヤルやモニター、ブラウン管などが付帯されており、普通の人が買うにはなかなか置く場所を確保するのも大変なものとなっています。


装置の全体像


連結された装置の一部


ダイヤル装置


配線も付いてきます

オークションの期限は2020年6月2日までとなっており、この記事を紹介した本日5月29日現在では落札が可能なものとなっています。

そして、驚くべき事に現在の価格は210ポンド(日本円価格で28,000円)で、この制御装置を当時原発に設置するコストを考えると驚くべきほどにお買い得な価格となっています。

日本から購入するには重大な問題があります。


by:unsplash.com

ただ、一つの大きな問題に直面してしまいます。

仮にこの制御装置を落札した所で、どれだけの送料がかかってしまうかという事です。恐らくは落札後に出品者と交渉する事になると思いますが、仮に日本から落札して日本に輸送するとなると恐ろしい金額になる事が予想されます。(そもそも日本に原発の制御装置を配送できるのかもわかりませんが)

また、この装置を日本まで配送してくれる業者を見つけるのも一苦労かと思われます。そして苦労を重ねた結果、どんな用途で使用するのかというのも中々頭を抱える問題かと思います。

かなりマニアックな出品物となっていますが、インターネット上で様々な物が買えるという時代の中で、まさか原発の制御装置までも買う事が出来るというのが驚きです。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事