SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / 医療大麻 / 韓国は産業用大麻(マリファナ)の生産における特別な「自由区」を設定

韓国は産業用大麻(マリファナ)の生産における特別な「自由区」を設定

韓国の法律では現在麻の繊維と種子のみの栽培が認めれており、その他の産業用大麻の栽培は厳しく禁止されていました。

しかし、海外の大麻(マリファナ)合法化の流れに乗り、キョンサンプクト(慶尚北道)を産業用大麻特区に指定し、医療用大麻における産業を前向きに進めて行く方針です。


【韓国の大麻解禁の流れはどの様に進んで行くのか】by:hemptoday.net

韓国政府はキョンサンプクト(慶尚北道)を産業用大麻(マリファナ)特区に指定し、スマート農業とバイオベースのハイテク産業の中心地にする事を目指しています。李哲宇(リー・チョルウ)知事は、この取り組みは韓国の大麻をベースとした産業の幕開けを意味すると述べています。

リー知事は先週の発表で以下の様に述べました

“『今回の特区は医療用大麻の合理的な産業化計画を模索するという点で、既存の特区とは異なる特別な意味を持ちます。』

知事は、輸出用の製品を作る為の抽出・精製事業を発展させる事を目標としている様です。

特区外では、韓国の既存の規制では麻の繊維と種子の栽培のみが認められており、それ以外は70年以上前から韓国内の麻薬取締法で違法とされており、厳しき取り締まられてきました。

関係者によると、この取り組みは既に地方都市の安東市から農業企業を誘致しており、2021年1月から道立バイオ産業研究院でブロックチェーンベースの管理システムをホストする予定だと説明しています。

知事は、プロジェクトの進展に応じて国内全土の麻の専門家に相談を行う予定だと語っています。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事