SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / ディスカバリー / 6歳の少年がハイキング中に3,500年前の歴史的な石版を発見(イスラエル)

6歳の少年がハイキング中に3,500年前の歴史的な石版を発見(イスラエル)

イスラエルのTell Jemmeh遺跡で両親と一緒にハイキングをしていた6歳の少年が約3,500年前の物と考えられる小さな石版を発見しました。

そこにはイスラエルの歴史研究に関わる重要な資料となる内容が掘られており、歴史的な大発見となりました。

6歳の少年が遺跡のハイキング中に偶然拾った石版


by:www.wikiwand.com

重要な歴史的な発見をするのは、なにもプロの考古学者だけではありません。

6歳の男の子のエリヤ君は、去年の3月に両親と共にイスラエルのTell Jemmeh遺跡へとハイキングに出かけた際、2人の人物が掘られた3センチメートル四方くらいの大きさの小さな石版を発見しました。

エリヤ君からそれを見せられた両親は、その石版が何であるのかに興味を持ってイスラエル古美術管理局(IAA)に連絡をしました。

発見された石板は3500年前のものと判明


by:godtv.com

その後、IAAの鑑定によって、その石版は紀元前12世紀から15世紀にさかのぼる約3,500年も前のものである事が判明したのです。

約3,500年というと古代イスラエルのカナン文明時代と呼ばれる時代で、これまでもイスラエルでは考古学者の発掘作業によっていくつかの資料が発見されていた様ですが、この小さな石版に関してはこれまで完全に見過ごされてしまっていた非常に貴重なものたったそうです。

掘られている内容は当時のライフスタイル研究の重要な材料になる


by:matadornetwork.com

IAAの考古学者の調査によると、この石版に描かれている人物は2人とも男性で、囚人が捕獲者の男に屈辱を与えられている様子だと考えられています。

両手を後ろで縛られている裸の囚人は痩せ細っており、捕獲者は健康的な体躯をしており衣服を身に着けている様子が確認出来るようです。

専門家はまた、この2人の男性について囚人の方はカナン人、捕獲者はエジプト人という民族的な違いがあると判断しており、エジプト人がカナン人に戦闘で勝利した際の行進の様子が掘られているとされています。

また、この石版自体は名誉バッジやメダルの様に、当時戦争を行っていたエジプト帝国がカナンに対して勝利した時の記念品に当たるものでは無いかと考えられています。

この6歳の少年の発見は歴史的価値が非常に高く、当時の彼らのライフスタイルを研究する為の重要な材料となる様です。

イスラエルの歴史上最大級の発見によってイスラエル考古学庁からエリア君に対して、善良な市民権の証明書が送られました。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事