SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / カルチャー / 航空写真に写されていた暗い建物の輪郭は今から2200年以上前の古代の港だった(クロアチア)

航空写真に写されていた暗い建物の輪郭は今から2200年以上前の古代の港だった(クロアチア)

クロアチアの都市ザダルの北東22キロにある海域で、紀元前371年から199年に建設されたと見られる古代の港が発見されました。

古代のリブルニア人に建てられたとみられるこの遺跡は、現在までに同域で発見されてきた他の港の遺跡よりもは遥かに古い港である事がわかり、現在発見されて正確な場所がわかる唯一で最古のリブルニア人の港という事で国内の考古学研究チームによって更なる調査が進められています。

ザダル北東の海域で暗く直線的な輪郭の様な物を発見


【発見者のイルキッチ氏とパリカ氏】by:slobodnadalmacija.hr/

ザダル大学考古学部のマト・イルキッチ氏とメイト・パリカ氏はザダルの北東22キロにある海域の海底で今回この港を発見しました。

『航空写真を調べた時に、ノヴィグラード海の西海岸沿い近くに暗く直線的な輪郭がある事に気づきました。私たちはその地点を調査する為に潜った結果、海底3メートルほどの深さの所に古代の港と見られる構造物を発見したのです。』

『発見された遺跡に残されていた木材をフロリダの研究機関に出し、放射性炭素分析を行った事で紀元前371年から199年の間に建てられられたものだという事が明らかになりました。分析に出す前に想定していた年代よりも遥かに古い時代だという結果が出て、大変満足しています。』

と発見者のイルキッチ氏は語ります。

Zadarski Listによると、クロアチアのダルマチア地方の海岸にはローマ帝国時代の多数の港の遺跡がに点在しており、これらの港は当時のクロアチア内の主要な海上貿易ルートに沿って分布している、ある時代の同じ時間軸に存在していたものである事が調査されています。

しかし、今回が発見された遺跡は、それらの時間軸の港よりもはるかに古い時代の物だという事が化学分析によって明らかになったそうです。

発見された港は今から2200年以上前の紀元前の建物


【カルタゴとヌミディアの貨幣とイタリアの陶器】by:slobodnadalmacija.hr/

発見されたこの港は紀元前371年から199年のもので、クロアチアがローマに征服される以前の時代に頻繁に利用されていたもので、これまで発見がされていなかった当時の貿易ルートの存在が示唆されるものとなっています。

年代から見て、港は古代のリブルニア人によって建てられたものであり、現在発見されて正確な場所がわかる唯一で最古のリブルニア人の港という認識がされています。

港は一層の建物で非常に大きく、大きな石のブロックと木の梁(はり)で構築されているようで、これらの建築は当時から見るとかなり難しく複雑な建設作業だと見られています。

この様な港の建設は、当時組織化されており経済的にも豊かだったリブルニア人以外には建てる事が出来なかったと考えられています。

現状ではまだ実際に彼らが何を貿易で取扱い、この港で経済活動を行っていたのかはハッキリとはわかっていません。

しかし、立地や造りから彼らが利用した海路と陸路を予想する事は可能で、この港は海外との貿易の為に使われていた可能性が高いと考えられています。

クロアチアのアドリア海沿岸地域一帯では、古代に遥か遠くの地から流れてきたと見られる数多くの多様な貨幣が発見されています。リブルニア人は北アフリカのカルタゴ、ヌミディア、ヘレニズム時代のエジプトとの交易が盛んにされており、多くの海外の商船がこの沿岸一帯を利用しており、多額の貨幣がリブルニア人に流れていたことが予想されるとの事です。

ザダル大学考古学部は寄付金と支援を受ける事で更なる調査を進めている

ザダル大学考古学部の考古学者チームは今回の発見によって得られた幾らかの寄付金とポセサルジェ市からの支援を受ける事ができ、発見された港の海底調査を既に開始しています。

現在発見されている唯一で最古のリブルニア人の港をしっかりと調査をし、将来の世代の為にしっかりと記録と保護する事が彼らの目標である事を語っています。

また、この魅力的で貴重な遺跡を観光資源として提供する事で、研究に投資された費用を何倍にもして返す事が出来る事を望んでいる様です。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事