SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / ビジネス / アリババは今年10万人のインフルエンサーの獲得を目標にしています(中国)

アリババは今年10万人のインフルエンサーの獲得を目標にしています(中国)

アリババが新しくスタートしたAliExpress Connectはインフルエンサーとブランドをマッチングさせるプラットフォームです。

現在SNSが主流となっているネット社会では、インフルエンサーと呼ばれる影響力の大きい人たちの役割がとても重要となっています。

Youtube、Instagram、TikTok等のSNSで活動する彼らの行動や発言は、それを視聴する多くのファンや一般人たちに影響を与え、ブランドにとっては商品プロモーション等の大きな手助けとなっています。

年内に10万人、2023年までには100万人のインフルエンサーの獲得を目指す


【AliExpress Connect】

TikTokやInstagramの成功例を見たアリババは、自社のサイトに登録しているブランドの商品販売を支援する為にインフルエンサーを取り入れるプラットフォームの構築を進めてきました。

今回立ち上がったAliExpress Connectに登録したインフルエンサーはプラットフォームを利用する事によって販売ブランドとマッチングする事が出来、自身のSNSでインフルエンサー活動を行い報酬を受ける事が出来る様になります。

AliExpress Connectは年内に10万人インフルエンサーの獲得を目標としており、更には2023年までには100万人のインフルエンサーの獲得を目指しています。

簡単な登録方法とレベルアップ式の報酬増加で登録意欲を意促進させる


【AliExpress Connectの登録画面】

AliExpress ConnectにはFacebook、Instagram、Twitter、TikTok、Googleのアカウントさえ持っていればワンクリックでアカウントに関連付ける事が出来る為、特別に手間のかかる新しい登録作業を行う必要がありません。

登録したインフルエンサーはマッチングしたブランドを宣伝する為にコンテンツを作成したり、お気に入りの商品の紹介やプロモーションコードの配布等、様々な活動を行う事が出来る様になります。

またインフルエンサーは、AliExpress Connectmp独自のプログラムで『レベルアップ』していく仕組みとなっていて、それに応じてより報酬単価の高いプロモーションキャンペーンに参加出来る様になる為、やる気を向上させる為の仕組みづくりもしっかりと出来上がっています。

オンラインの需要が増えるほどインフルエンサーの役割が重要になってくる


by:unsplash.com

ゼネラルマネージャーの王明強氏は『Eコマースの成長と変化に合わせて、人々がオンラインで買い物をする方法が日々変化していく中、インフルエンサーとコンテンツクリエイターはその変革に合わせて成功を促進する上で重要な役割を果たしている』と述べています。

特に昨今新型コロナウイルスの影響で、オフラインのビジネスが閉鎖を余儀なくされてしまっている中、外出を控え自宅にいる人々が増えた環境でのライブストリーミング販売が中国での雇用創出の大きな役割を担っていたそうです。

今後世界がますますオンラインショッピングに移行するにつれて、AliExpress Connectはブランドとインフルエンサーの両方に機会を創出するような設計作りに取り組んでいる様です。

このプラットフォームの普及によってインフルエンサーやコンテンツクリエイターに新しい収入源と雇用機会を提供し、彼らのビジネスの拡大を支援し、ブランドにとっては新規顧客を獲得機会が提供される事になります。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事