SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / 大麻ビジネス / アメリカの学生に向けて大麻(マリファナ)について学習する為の奨学金制度が創設される

アメリカの学生に向けて大麻(マリファナ)について学習する為の奨学金制度が創設される

アメリカでは新しく国内の全ての大学生を対象に大麻の学習に対しての奨学金制度が設立されました。

ベリヒール(Veriheal)が設立したこの制度では、10000ドルの奨学金が10人の学生に対して分配される予定です。

奨学金制度を通じて大麻に関する悪いイメージを解消したい


【Verihealは医療用大麻患者と認可された医師を繋ぐプラットフォーム】by:newsbreak.com/

ベリヒールの創設者であるサム・アデトゥンジ氏とジョシュ・グリーン氏は大麻の治癒力に情熱を燃やし、大麻自体とその消費による差別や偏見の解消に貢献したいと考えているそうです。

グリーン氏はアメリカ合衆国発刊の雑誌「High Times Magazine」で以下の様にコメントしました。

“「誰もが迫害や誤った情報から解放され、薬としての大麻を自分自身で試す事が出来る様になる事を願っています。大麻は人々を癒すのに役立つ植物であり、人々に損害を与える薬として見られるべきではない」”

“「大麻のための科学と医学の混合は、私たちが自然療法によって健康的な生活を送る為の非常に多くの可能性を見つけ出す事が出来ます。誰もが自由に安全にそこにアクセスが出来る様に、私たちは大麻の汚名を取り除かなければなりません。」”

アメリカ国内の大学の学生を対象に7月30日まで応募を受け付けている


【10名の受賞者が選考され、奨学金が授与される】by:thegrowthop.com

アデトゥンジ氏とグリーン氏は、この奨学金制度に協賛してくれたコミュニティ、友人、教育者、その他の人々からのおかげで学生たちは教育とキャリアについての目標を追求出来る様になり、大麻に対して情熱を持つ学生たちに自分たちと同じ機会を提供したいと述べています。

奨学金が分配される10人の学生についての選考対象は以下の様に述べられています。

“「受賞者は、業界としてだけではなく医療媒体としての大麻の未来の為に、持続可能性、コミュニティ、意識、革新に対する知識と情熱の総合的な組み合わせを示す学生の中から選ばれます。」”

学生たちがこの奨学金プログラムに応募する為には、大麻産業を今後どの様に改善していくかを詳細に書いた1000語の随筆、アメリカ国内の大学の成績証明書又は趣意書を7月30日までに提出する必要があります。

記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事