SECULTURE(セカルチャ)は世界の大麻(マリファナ)事情についてのニュース・合法化事情・医療・技術情報などを配信します。

ECULTURE(セカルチャ) ロゴ
SECULTURE / 大麻ビジネス

『大麻ビジネス』カテゴリーの記事一覧

2024年までにアメリカの大麻産業は国内の経済を1300億ドル押し上げると予想される

2024年までにアメリカの大麻産業は国内の経済を1300億ドル押し上げると予想される

アメリカの経済予想では、2024年には大麻(マリファナ)産業の影響がアメリカの経済を1300億ドル押し上げると言われています。 これは単に大麻産業の一連の流れによる経済収益だけではなく、国内の広い経済に影響を及...
チェコ共和国ではCBD製品の自動販売機を年内に主要都市の50か所に設置

チェコ共和国ではCBD製品の自動販売機を年内に主要都市の50か所に設置

チョコ共和国では大麻(マリファナ)成分で作られた製品を販売する自動販売機が設置されるそうです。 CBDmatと呼ばれるこの自動販売機は、年内に主要都市の50か所に設置される予定だそうです。 ...
カリフォルニア州には自ら大麻(マリファナ)を栽培し、自らのオンラインストアで販売をするシスターがいる

カリフォルニア州には自ら大麻(マリファナ)を栽培し、自らのオンラインストアで販売をするシスターがいる

カリフォルニア州のマーセドには大麻(マリファナ)を育て、大麻製品を自ら作り、自らのオンラインショップで製品を販売するシスター姉妹がいます。 キリスト教などとは一切関係ないと主張する彼女たちは、この行いで世界を癒...
女性に向けての大麻(マリファナ)マーケティングが必要な5つの重要な理由

女性に向けての大麻(マリファナ)マーケティングが必要な5つの重要な理由

広告やブランディングが始まって以来、世帯の購入決定には女性が大きな役割を果たしてきたと言われています。そしてその傾向は近年の大麻(マリファナ)産業に関しても同じことが言われています。大麻に関する製品を取り扱う起...
アメリカの学生に向けて大麻(マリファナ)について学習する為の奨学金制度が創設される

アメリカの学生に向けて大麻(マリファナ)について学習する為の奨学金制度が創設される

アメリカでは新しく国内の全ての大学生を対象に大麻の学習に対しての奨学金制度が設立されました。 ベリヒール(Veriheal)が設立したこの制度では、10000ドルの奨学金が10人の学生に対して分配される予定です...
アメリカでは複数の州が記録的な大麻(マリファナ)販売数を記録し続けている

アメリカでは複数の州が記録的な大麻(マリファナ)販売数を記録し続けている

アメリカの複数の州では新型コロナウイルスによるパンデミックの影響が懸念される4月~6月での大麻(マリファナ)の売り上げが伸び続けている様です。 これらの売り上げによる税収によって、閉鎖後、徐々に解禁していく州の...
Cann Systems社は一度に4トンの大麻(マリファナ)を同時に乾燥させるシステムを提供(アメリカ)

Cann Systems社は一度に4トンの大麻(マリファナ)を同時に乾燥させるシステムを提供(アメリカ)

アメリカの企業、Cann Systems社最大で一度に4000キログラムの大麻(マリファナ)を同時に低温乾燥出来る乾燥システムを提供しています。 世界中で大麻が合法化され、より多くの人々たちの消費に対する生産効...
世界最大の大麻企業の現在の動きと、投資家たちが思う事(アメリカ)

世界最大の大麻企業の現在の動きと、投資家たちが思う事(アメリカ)

世界最大の大麻市場を持つアメリカでは、投資家たちが常に大麻に関連する事業を見定めています。 そんな巨大市場の中で成功を収めているキャノピー社、ティルレイ社は既にアメリカの枠を超えてヨーロッパやアジアに拠点を置き...
記事を検索する
このサイトについて

SECULTURE(セカルチャ)では今世界で起こっている大麻(マリファナ)に関してのニュースや合法化事情、話題、関心事を紹介します。

現在日本では大麻は一部の成分(CBDなど)を除いて厳しく違法とされていますが、大麻について良い意見を持っている方、悪い意見を持っている方に対してSECULTUREは中立な立場で良いニュースも悪いニュースも配信していく方針です。

※このサイトではあくまでも世界で話題になっている大麻の有用性についてのニュースを紹介するもので、日本国内で大麻の利用について違法行為を推奨するものではありません。

>> 編集部にお問い合わせ

人気記事